SB内川聖一 「地元に帰ってきたと応援して」

印刷

   プロ野球・横浜ベイスターズからFA宣言した内川聖一選手が12月6日(2010年)、福岡ソフトバンクホークスと正式契約を結んだ。ブログでもファンに向けて報告した。

「ここまで色々考え、悩み抜いて、結論が出た今はホッとしています」

   ベイスターズには10年間在籍した。応援してくれたファンに感謝するとともに、チームを離れることは「申し訳なく思います」と内川。また、FAを宣言してからは広島東洋カープがはじめに手を挙げ、チームを変えるために来てほしいとラブコールを受けたことについては「光栄な事で、本当にありがたく思っています」と語っている。

   ソフトバンク入団を決意した理由を「僕自身がどんな環境でどんな野球がしたいのか、考え抜いて出した結論」と説明する。自身は大分県出身なので、地元に帰ってきたという意識もある。「内川が帰ってきた」と思って応援してもらえると嬉しい、と呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中