斎藤佑樹「札幌ドーム会見」朝4時から並んだ日ハムファン

印刷

   今日(2010年12月9日)午後3時、北海道日本ハムファイターズに入団する斎藤佑樹が札幌ドームで会見を行った。ドラフト指名選手の単独入団会見というのも珍しく、球場でセレモニーが行われ、ファンを無料入場されるというのはもっと異例で、さらには地元では各テレビ局がナマ中継した。金のタマゴがいかに大きいかがうかがい知れよう。斎藤が道内にもたらす経済効果は58億円との皮算用もすでに出ているという。

「佑ちゃんのユニフォーム姿見たい」

   「朝ズバッ!」も斎藤フィーバーを取材するため、前乗りで北海道にリポーターを派遣し、開門前から並んだファンをナマ中継した。朝8時、小雪がぱらつき、氷点下の気温のなか、レジャーシートなどの席取りの様子から判断するに、約50人は集まっているとのことだった。

   一番乗りは午前4時10分に来たという男性。今シーズンのホームゲームを全戦観戦したほどのファンで、「佑ちゃんがユニフォームを着て、ボールを投げるところを見たい」と顔をほころばせていた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中