「菅総理・谷垣副総理」民自大連立のリアル度

印刷

   前進もできず後退もできない混迷の菅政権に、自民党との「大連立」話が持ち上がっている。「スパモニ」の「教えてニュース」でこの話題を取り上げた。

   まずは、「大連立とはなに?」から。司会の小木逸平あなによると、「第1党の勢力と第2党の勢力が組むこと」という。

   震源地の一つは読売グループの渡辺恒雄会長だ。ナベツネが8日(2010年12月)に自民党本部を訪れ、谷垣禎一総裁に「民主党と一緒にやれないか」と提案。菅総理・谷垣副総理で2年間の大連立という話もしたという。谷垣は「余程の大義名分がないとできない」と断ったらしい。党内にはいつ沈むか分からない「アップアップ状態の民主になぜ協力するのか」との意見が根強いのだ。

   ナベツネはその前日、鳩山前総理とも会っている。その鳩山は8日夜、小沢元代表の呼びかけで、弟の鳩山邦夫議員(無所属)と新党改革の舛添要一代表らと会談しており、政界再編について話し合ったといわれている。

小沢・仙谷ダブル切り

   2007年も似たような大連立話が持ち上がったことがあったが、なぜマグマが噴き出たように急に浮上したのか。謎を解く鍵は民主党内で緊迫している菅・仙谷vs小沢戦争だ。対立は先鋭化していて、来週がヤマ場と見られている。両者のターゲットは、菅側が「小沢はずし」、小沢側は「仙谷はずし」だ。

世間は納得しない

   「もうグジャグジャですね」と小木がタメ息をつくと、山口一臣(「週刊朝日」編集長)は「小沢さんも、仙谷さんも、両方はずさないと世間は納得しない。でも、それでは菅政権は持たない」と言い切る。年内に大きな動きがありそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中