暴行犯側弁護士 海老蔵サイドに「信号」?「木曜までになんとかしろ」

印刷
「どこまで続くの?」

   司会のみのもんたもあきれる市川海老蔵事件。海老蔵に暴行したとして逮捕された容疑者は、取り調べで「一方的に因縁をつけて殴ったのではない」と、海老蔵の言動の問題を臭わせつつ、事件の詳細については沈黙しているという。

木曜までがヤマ

   海老蔵に暴行されたと主張しているとされる暴走族の元リーダーは、今週木曜日(2010年12月16日)に会見を開く予定だという。元リーダーの弁護士は「(被害届を)どうするかは木曜日までに結論出します。まあ、その間、いろんなことがあるかもしんないけどね」などと、一昨日、テレビカメラに語った様子がVTRで流れた。

   海老蔵側との取り引きを示唆したとも受け取れるような弁護士の発言に、スタジオの見方もある程度引きずられたようである。

   「ウラで示談の話をしてるんじゃないかとか、いろんな憶測が流れてますよね」と杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長。

   「木曜日がヤマだね」とみの。「でも、向こうの弁護士さんが木曜日って、日にちを言うってことは、それまでになんとかしろよーって、信号出してるのかもしれないね」と、こちらも負けずに憶測していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中