「小沢一郎」でどんどん下がる菅内閣支持率―ついに20%ギリギリ

印刷

   きのう(2010年12月13日)開かれた民主党役員会は、小沢一郎氏の政倫審出席の扱いを岡田幹事長に一任した。しかし、小沢が応ずる可能性はなく、岡田が政倫審の議決に持ち込めば、党内の亀裂はさらに深くなる。

   世論調査では、小沢は政倫審で説明すべきとする声は77.8%と圧倒的。これに対処できない党執行部への風あたりは強く、内閣支持率は軒並み20%台前半に落ちている。

   小沢はそんなことはおかまいなし。検察審査会での決議から起訴されるのだから、国会での説明は要らないという。岡田は司法手続きと政治的説明責任とは別との立場。野党への譲歩でもある。しかし、政倫審出席は本人の同意がないと実現しない。本人にその気がないとなれば、なるようにしかならない。

   菅首相は先に「これまでは仮免、これから本免許」と、変ないい方で小沢との対決をにおわせたが、どこまで本気なのか。この問題をはじめとする首相の煮え切らなさが、支持率に表れているというのに、どうもスッキリしない。ただ、会見での岡田幹事長はちょっと笑みを含んでいた。あれは何なのか。

   菅首相はきのう、「9月の代表選で、小沢さんは国会が決めれば応ずると国民に約束している。それを守ることが本人にも党にもいいことだ」といった。小沢が応じないことは百も承知での発言だ。

「静かにしていて」で人気出たのに…

   コメンテーターの渡邊美樹・ワタミCEOは「(小沢氏は)やましくないというのなら出てくればいい。本来の国会の仕事をよそに、この国の政治はどうなっているのかと思う。菅さんにしても、だめなら出て行きなさいとなぜ言わないのか」

次の選挙勝てない

   キャスターのテリー伊藤「国民はこんな党に投票したわけではない。もっと若手の生きのいい人が出てこないものか。このままでは次の選挙勝てない。民主党、もったいないよ」

   これがおそらく国民の声なのだろう。

   国民は小沢にうんざりしていても、批判は「一兵卒」を始末できない菅執行部の支持率低下に向く。菅の支持がこれまでで一番高かったのは、代表になった当初、「小沢さんはしばらく静かにしていて」と言ったあのときだ。他に 選択肢はないと思うのだが、なんとも煮え切らない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中