2018年 7月 21日 (土)

海老蔵「早い示談がダメージ少ない」元検事・若狭勝弁護士アドバイス

印刷

   市川海老蔵事件では、暴走族の元リーダー側が明日木曜日(2010年12月16日)に会見する予定だが、海老蔵が加害者だとする被害届の提出をめぐり、駆け引きとも取れる言動が続いている。元リーダー側の弁護士は海老蔵側の弁護士との接触は一切ないとしている。

   そんななか、「朝ズバッ!」コメンテイターの若狭勝弁護士は、海老蔵側がこの難局にどう対応するべきなのかについて語った。

なにかあったら…

   若狭によれば、海老蔵がなんとしても避けるべきなのは、暴行容疑者の裁判で、証人として呼ばれるという事態。「大きなイメージダウンになる」というのだ。それを避けるには「示談をして、1日も早い復帰をしてもらいたい」と、早期示談のススメを説いた。

   まるで海老蔵担当の弁護士であるかのような雰囲気で、確信に満ちた様子で海老蔵にアドバイスする若狭に、司会のみもんたは「なにかあったら、若狭さんに弁護士をお願いしよう」と、心強く感じたようであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中