不況で地味クリスマス「外食せず家で過ごす」6割

印刷

   「スパモニ」がクリスマスに関する100人アンケート(男女各50人)を行った。

   まずは、どんなクリスマスプレゼントが欲しい?。トップは男性が時計、女性はアクセサリーだった。なぜ、時計とアクセサリーなのか。「まさか、換金できるということ!?」(小木逸平アナ)じゃなくて、「(相手を)感じていたいので身につけるものが欲しい」というけなげな理由だった。

   クリスマスの過ごし方では、「家で過ごす」60人、「食事に行く」12人、「仕事」11人、「その他」11人。不況のさなか家で過ごすが断然多い。

「俺のころはキャバレーのはしごよ」70代おじいちゃん

   では、時代をずっと遡って高度成長時代のクリスマスはどうだったか。街の高齢者に、若かりし頃のクリスマスの思い出を聞いたところ、70代の男性は懐かしそうに「キャバレーのはしごよ。銀座のクラブやキャバレーは満員ですごかったよ。ああいう時代はもう来ないね」

サンタまだ生まれてなかった

   クリスマスにこと寄せた1年を締めくくる単なるドンチャン騒ぎ、プレゼントもなかったのだろう。

   70代の女性に一番欲しいプレゼントはと聞くと、叶わなかった夢をいま追い求めようというわけか、「ドライブに連れてってくれるボーイフレンド」ときた。

   スタジオでは、70代入口の鳥越俊太郎(ジャーナリスト)が、「僕の時はサンタがまだ生まれていなかった。生まれたのはあとなんですよ。だから(プレゼントの)習慣がないんです」とジョークを飛ばしたが、完全に外していた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中