2018年 9月 26日 (水)

M-1グランプリ「審査員」大竹一樹、宮迫博之で若返り

印刷

   今年(2010年)で打ち切利が決まった最後の「M-1グランプリ」の審査員に、「さまぁ~ず」大竹一樹(43)、「雨上がり決死隊」宮迫博之(40)が起用されることが明らかになった。これまでのグランプリ優勝については、「納得いかない」という視聴者の声が少なからずあるため、実力と実績があって、これまでの審査員よりは年齢的に若い2人を加えることで、審査に説得力を持たせようという狙いと見られる。

   今年の優勝争いはWボケ漫才の「笑い飯」と初進出の「カナリア」という呼び声が高い。司会は昨年と同じ今田耕司と上戸彩。そのほかの審査員は島田紳助、松本人志、渡辺正行、中田カウス、南原清隆だ。放送は12月26日夜6時半からテレビ朝日系。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中