南明奈 観客席で観たM-1決勝「ずっと涙目でした」

印刷

   タレントの南明奈が12月27日(2010年)のブログで、26日夜に行われた漫才日本一を決める「M-1グランプリ」決勝戦の感想を書いている。

「あたくし、決勝戦が始まって1分で涙目」

   1回戦が始まってから大会のブログで動向をチェックし続けてきた南。スタジオの観客席から生で見た決勝戦では、オープニングの映像を見るたび、出場者が出てくるたびに涙目となり、「優勝者発表されて金銀のテープがパーンって出た瞬間超涙目」だったという。「あの優勝した方々の笑顔、そして残念ながら優勝を逃したみなさんの悔しそうな表情を見てたらグッときました」。

   南は20歳を過ぎてから涙もろくなったという。「これ40歳とかになったらどーなるんだろう。もう涙目とかぢゃなくて号泣になっちゃうのかなぁ??」。「M-1は今年で終わり 寂しいね」とも書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中