大桃・麻木・山路だれがズルイか―「スッキリ!!」視聴者の判定は?

印刷

   タレントの大桃美代子さん(45) がツイッターで吠えて始まった元夫の山路徹さん(49)と麻木久仁子さん(48)との不倫騒動。「ご意見をお寄せください」という昨日(2010年12月27日) の呼びかけに、なんと185件もの声が集まったという。

   3人のこれまでの会見内容 はもはや周知のこととして省くが、寄せられたコメントは、大桃に同情27・批判15、麻木に同情4・批判87、山路には同情ゼロ・批判52だっ た。

   同情の声が多かった大桃にも、ツイッターで公開したことには「大人気ない」「公表が一番の問題。そういう男を選んだのは自分」など批判は厳しい。

   「私の立場では不倫ではない」といった麻木には、「20歳の小娘じゃあるまいし、不倫は事実」「最初の会見では(山路さんとの)結婚を語らなかった。これがポイント。言えないところが多い人は信用できない」「以前不倫していた。男は妻とは破綻しているといい、この人を守りたいと思ってしまった」というのもあった。

   最悪の山路。「ずるい、卑怯」「知名度の高い2人の女性を利用した」「女性のプライドはずたずた」と散々だ。

「法律相談はたくさんある」(本村健太郎・弁護士

   司会の加藤浩次が「関心高いですね」というと、ス タジオのゲスト6人が、一斉に口を開いた。

関心高い

   はるな愛(タレント)「山路さんがはっきりしなかったこと」

   大沢あかね(タレント)「表舞台の女性2人でしょう。こうなることはわかってたはず」

   香山リカ(精神科医)「戦場に人を送っている通信社という山路さんのイメージからは意外だった。仕事まで信用できなくなる」

    キャスターのテリー伊藤が「東京にも戦場がありましたね」とまぜっかえし、「東京が1番怖い。ヘルメットかぶらないと」と言うと、スタジオ中が大笑い。

   渡邊美樹(ワタミCEO)「いつまでやってるんだと思うが、山路さん、押し入れの中のぞかれてしゃべっちゃったのは、どういう神経か」

   本村健太郎(弁護士)「テレビ的には面白いが、巷ではいっぱい起こってる話(「エーッ」の声)。いや、法律相談はたくさんある。だから、反響も大きいんでしょ」

   テリー「新しい女を口説く時は、前は終わってるものだが、お金の面倒をみてもらってるというのが情けない。優しそうに『ボクが悪い』というのはうさんくさい」

   加藤「4年前のことですから…」

   テリーは自信ありげに「まだまだ戦場は続きます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中