サッカー川島永嗣 6失点大敗「受け入れがたい」

印刷

   サッカーベルギーリーグの「リールセSK」でプレーしているGK川島永嗣選手が12月28日(2010年)のブログで、6失点の大敗で終えた試合を振り返った。

   起きたことについてはいつも、前向きにとらえようと考えている川島だが、この試合に限っては「本当に残念でした」と肩を落とす。チームとして結果が出せない中にあって、自分のプレーも思うようにいかないのがもどかしいのだろう。

   気持ちの面では「受け入れがたい」というのが正直なところ。だが、こうした感情が、自分を成長させると信じている。年内の試合も残すところ少なく、いい形で終えたいと思っている。1月にはカタールで行われるアジアカップを控え、川島も招集されている。日本には帰れそうにないが、武者修行はまだまだ続く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中