デ・ニーロ1位、ウィルス2位、デップ3位―さて、何のランキング?

印刷

   関根麻里の「週刊マリウッド」コーナーは、ビックリ仰天ニュースSPとしてロバート・デ・ニーロの顔が出た。「彼が映画に関するランキングで1位になりました」という。何のランキングか。なんと「死んだ回数15回」なのだという。

   映画の題名が並んだ。「血まみれギャングママ」「ハング・ザ・ドラム」「ミーン・ストリート」「未来世紀ブラジル」「ミッション」「ケープ・フィアー」「15ミニッツ」「ハイド・アンド・シーク」など。なるほど。

   司会の加藤浩次「主役だから死んでないイメージがあるけど、けっこうね」

   では2位は―。これがブルース・ウィリスで11回。

   「エーッ! 死なない人でしょ。滅多に死なない」と加藤。

   関根「しかも、映画で同じ人に2回殺されてる」

   殺したのは元妻のデミ・ムーアだ。1991年の「愛を殺さないで」と03年の「チャーリーズ・エンジェル」

   加藤「夫婦の仲が良くなくて、デミ・ムーアがむりやりそのシーンを作ったとか…」(爆笑)

   3位は2人いて、ブラッド・ピットとジョニー・デップ。ともに10回。

   キャスターのテリー伊藤「幽霊になって出てきたのがあったよね」

ダスティン・ホフマン、アル・パチーノもランクイン

   5位は3人いて、ダスティン・ホフマン、アル・パチーノ、ジャック・ニコルソンで、いずれも9回。

デミ・ムーアが作らせた

   医者のおおたわ史絵「アル・パチーノはいい死に方が多い」

   みんな映画の題名が出てこない。

   関根「(ダスティン・ホフマンは)あの、ニューヨークからあっちの方へいく映画…」

   「レインマン」か……。

   加藤「ジャック・ニコルソンは?」

   関根「えーと、いろいろあります」

   おおたわ「『カッコーの巣の上で』でアカデミー賞をとってる」

   加藤「彼は死ぬんだっけ」

   関根「死にます」

   テリー「日本ではビッグの、たとえば裕次郎さんとか高倉健さんとか、なかなか死なないですよね」

   さあ、あなたは彼らの死んだ映画を何本見てますか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中