2018年 7月 23日 (月)

日本海大荒れであの高級魚が水揚げ400倍!値段安く今がチャンス 

印刷

   太平洋側では晴れの日が続き、連日乾燥注意報が出されているが、日本海側は大寒波に襲われている。この寒波で様々な異変が起きていると「列島大寒波異変 寒ブリ記録的豊漁」の模様を伝えた。

   冒頭で高級魚である北陸の寒ブリ漁が豊漁であると紹介。1日に2000本近い水揚げがあり、昨年と比べて400倍近いという漁業組合関係者のコメントを岸本哲也レポーターは言う。

   この豊漁で日本全国から地元スーパーなどに寒ブリの注文が殺到している様子もレポートした。ゲストの柳家三三(落語家)は「北陸ではブリ起こしといって、冬に雷が鳴るとブリが豊漁になるといわれていますが、この冬はそんなに雷が多いとは聞いていない。でも、こんなに大漁になっているのはなぜだろう」と首をひねった。

都会ではドライアイ急増

   次に青森県のタラ漁。戸田奈沙ディレクターが漁船に同乗、海が荒れている日が連日続き漁に出られない様子や、出ても例年ならば1日数百本の水揚げがあるのに、今年は数十本しかとれないと伝えた。

寒ブリでドライアイ

   関東地方の都会でも異変が起きている。乾燥した天気でドライアイになる患者が増えているのだ。

   スタジオには寒ブリの刺身と寿司が用意され、メインキャスターの小倉智昭は刺身を食べながら「寒ブリでドライアイになる」と意味不明のジョークを飛ばす。

   岸本「これまで寒ブリ1本は4万円ぐらいしていましたが、今年は3万円前後になっています」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中