小沢起訴「良心に恥じていない」発言―検察役弁護士の言い訳か自信か

印刷

   小沢一郎・民主党元代表が昨日31日(2011年1月)、ついに強制起訴された。「スパモニ」によると、検察役をつとめる弁護士は「有罪にできる捜査ができた。起訴したことは良心に恥じていない」などと話したという。

そこまで言わなくても

   番組コメンテイターの鳥越俊太郎(ジャーナリスト)はその発言に注意をひかれたようで、コメントのいの一番に触れた。

「起訴したことは良心に恥じないってのは、ちょと言い訳がましいな。そこまで言わなくてもいいのにねえ」

   あえて「良心に恥じない」なんて言い出すこと自体が蛇足的であり、なにかやましいところがあるからだろ的な見方を示唆したものと思われる。

   一方、大沢孝征弁護士は、検察役弁護士の発言は有罪にする証拠を得た一種の自信のあらわれだという。また、裁判に民意を反映する趣旨の審査会制度やそこが出した結果を、とりわけ民意によって立つ政治家はもっと尊重し、重く受け止めるべきだなどと主張した。

   政治家オザワと同様に、ジャーナリスト鳥越もこの件について、「民意」より検察が2度も起訴を検討してできなかったことを重く受け止めているように見えるが、大沢はそんな鳥越に向かっても、審査会軽視の態度を咎めはじめかねない感じではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中