氷川きよし「キーボードの英語とひらがな一緒が全然わからない」

印刷

   本日2月2日(2011年)は演歌歌手、氷川きよしのデビュー記念日だ。シングル「箱根八里の半次郎」から11周年。積もり積もって19作目のレコード、いやCD(カセットはあるらしい)の「あの娘と野菊と渡し舟」も今日発売された。

   そんな彼に、「スパモニ」は小さめの花束持参でインタビュー。そのなかで、「昭和の人間」を自認する演歌のプリンスは、自分のある順当な(?)弱点を激白した。

パソコンはダメ

「(キーボードの)ボタンが、英語とひらがなが一緒になってるじゃないですか。あれが、全然(意味が)わからないんですよ」

   パソコンが全然使えないそうである。

   「バカにされますかね、これ」と氷川は苦笑したが、彼のおもなファン層を考えれば、安心させるか、保護者ゴコロをくすぐるかのどちらかなので、心配無用だろう。

   このご時世、便利なコミュニケーション手段はいろいろあれど、氷川は「対話して心をつなぐ」ことをモットーにしてるという。

「人間って、ちゃんと目を見て話すと相手のことがわかる。そういうのがすごく大事だなと思う」
文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中