相葉雅紀「ワンちゃんに見下された!」序列最下位

印刷

「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系2月19日夜7時)>いろいろな動物のかわいいシーン、愉快なシーン、すごい能力を発揮するシーンを集めたバラエティー番組だけれど、動物好きの相葉雅紀はここの飼育係。「調子がいいと動物と話せる」と言う相葉、そうは問屋ならぬ、動物が許さずでドタバタの連続が楽しい。

   モデルでタレントの益若つばさが愛犬(ミニチュアダックスフントのマロンちゃん)と登場。得意技を聞かれ「『待て』だったら、永遠にできちゃう。私がやるとつまらないので」と、相葉を指名した。

「僕も(つばさちゃんに言われれば)永遠にやっちゃいますよー」

   そういう話じゃないの。こんな調子だから、マロンちゃんも相葉をなめきっている。

「マロンちゃん、見て! マロンちゃん、これ食べたいでしょ。マロンちゃん、お座り」

   懸命にえさでつるが、マロンちゃんはキョトンとしたまま。とうとう相葉の口調が哀願に変わり、同情したのかマロンちゃんはようやくお座り。

   次に、相葉は犬の顔面に手を突き出し懸命に「待て」を命じる。

「待て、待て」

   今度も犬はキョトン。「マロンちゃん、待って」とまたもお願いしたが、食欲を抑えきれないマロンちゃんはえさをパクッ。その途端、前のめりに派手にズッコける相葉。

   「すぐ食べちゃったじゃん」とパネラーのタカアンドトシからツッコミが入る。園長の志村けんも大笑いだ。

赤ちゃんポメラニアンもそっぽ

   アイバちゃんはこの後もズッコケ炸裂、爆笑の連続だ。赤ちゃんポメラニアンをハンディカメラで撮影しようとして、そっぽを向かれてしまう。カメラのせいか? と相葉がレンズの方からをのぞき込むと、秘書の山瀬まみが「(カメラが嫌なんじゃかくて)相葉君に問題あるんじゃないの」とピシャリ。ようやくよちよち歩き撮影に成功したが、「(犬の方がカメラに)来たというより、追ってるじゃん」と山瀬が再び突っ込む。

   犬社会には序列があって、自分より格下の言うことはきかないといわれている。どうやら、アイバちゃんは一番の下っ端に位置づけられてしまったらしい。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中