ネットカンニング「犯人は誤答メールそのまま写してる奴だ」

印刷

   IDはみな同じ「aicezuki」だ。1人の人間なのか、複数なのか。京大、同志社、立教、早稲田の入試問題が、試験時間中に「ヤフー知恵袋」に投稿されたナゾは深まるばかり。

   きのう(2011年2月28日)、同志社は京都府警に、立教、早大は警視庁に被害届を出したが、京大は刑事告訴するかまえだ。京都府警と警視庁は連携して偽計業務妨害を視野に捜査に当たるが、大学側も答案のチェックなどそれぞれに調査を始めた。早大は1万人分の答案を調べるという。

   「ヤフー知恵袋」はID登録すればだれでも書き込みができる。質問を発して、誰かがそれに答えるというサイトだ。これに4つの大学の入試問題がずらりと出た。いずれも同じIDで、新たに昨年暮れから正月にかけて、予備校の冬期講習の問題も出ていたことがわかった。大学で仕掛ける前の訓練、あるいは布石だったか。

英訳のヤフー回答は不正解

   はっきりしているのは相当な「手練」ということ。キーを打つスピードが並みではない。試験開始から数分で投稿しており、打ちにくい数式までをもスラスラとこなしている。「パソコンより携帯の入力の方が早いのもいる」という人もあれば、「カンニングが目的ではないのではないか」という人もいる。

解答用紙チェック

   もしカンニングだとしても、どうやって? カメラが京大の試験会場にはいった。270人が受験した階段教室には7人 の監督官が巡回していた。携帯は電源を切ってカバンにしまうよう言われていたのだから、取り出しただけで目につくはず。そこをさらに、キーを打つことなんかできるのか。

   カメラを使ったとしても、普通の携帯だと大きなシャッター音がするが、スマートフォンの中には音を絞れるものもある。とはいえ、隣の受験生との距離は約50センチだ。さらに監督官がいる。

   トイレにいったか。京大ではトイレに行った受験生を記録していなかったが、数学では6問も投稿している。全部トイレで入力するのは無理だ。長い髪で耳を隠していればワイヤレスイヤホンで携帯の操作・通話が可能というが、数式は無理だろう。

ITオタクのワザ比べじゃないか

   「なぜヤフーなのか」というのもある。カンニングなら誰かに直接聞けばいい。また、答えをチェックしてみると、英作文の例では、書き込まれた答は不正解だった。ここから愉快犯という線が出てくる。複数の人間で騒ぎを意図した可能性もある。

   事前に問題が漏れていたというのはなさそうだ。4つの大学だし、当日、試験会場で訂正された部分もちゃんと送稿されていた。会場にいたことは間違いない。

   司会のみのもんた「解答用紙をチェックすればわかるじゃない」

   コメンテーターの高木美也子「照合したらわかると思う」

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説室長)「間違いの書き込みをそのままだったら1発だね」

   みの「わからなかったら、わかりません失礼しましたと、書いておけばいい。困ったことだね」

   これはITおたくグループのワザ較べだろう。ネットの方からの割り出しは難しいかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中