香山リカ・立教大教授「ネット・カンニング前日に試験監督」

印刷

   前代未聞のカンニングである。京大などの入試問題が試験中にインターネットの掲示板に投稿された事件。投稿者「aicezuki」とは何者なのか、その意図は何なのか、なぞは深まるばかりだ。

   「スッキリ!!」によると、こうした「ハイテク・カンニング」はお隣の韓国や中国が先輩格のようだ。韓国では2004年の大学入試で大規模な不正があり、300人が摘発された。翌年から通信機器の持ち込みを禁止、金属探知機で取り締まっている。TOEICの試験では受験生の相互監視制度を取り入れ、不正を見つけた受験生には日本円で最高70万円の懸賞金を出しているという。

   中国ではカンニングをサポートする業者もいる。試験会場から問題を外部に送り、そこから受験生に解答を送信するという方法だ。さまざまな機器が開発され、スニーカーや消しゴムに取り付けた受信機もある。このため、試験会場の近くで不審な電波をチェックしている。

徹底してチェックしてたはずなのに…

   コメンテーターの精神科医、香山リカは今回入試問題が流出した立教大学の教授。今年もその前の日、実際に試験監督を担当した。香山によれば、入学試験の監督業務は年々厳密になっている。細かいマニュアルがあり、毎年説明会に出て担当者から「しっかり見てください」と繰り返し注意を受ける。昔は監督官が本を読んでいたり、居眠りをしたりするなんて話もあったが、今は全く違う。「私のような人間でも、本当に緊張してやっています」

スパイ大作戦

   MCの加藤浩次「受験生の机の上は?」

   香山「鉛筆と消しゴム、文字だけの時計。筆箱はダメ。ティッシュペーパーも袋から出してもらう」

   加藤「マスクは」

   香山「マスクを見せてもらってチェックする」

   加藤「ニット帽は」

   香山「病気の人など除いて、帽子は原則禁止」

   加藤「トイレは」

   香山「OKです。でも、何度も何度も行ったりすると目立って、後から人物を特定できる」

   そのやりとりを聞いて、キャスターのテリー伊藤「それでもやったということは、プロだね。スパイ大作戦みたいだ」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中