ラジオは元祖SNS―「ワクワク感」「笑いのツボ」共有感

印刷

   ラジコのおかげでラジオを聞くようになった。久しぶりにラジオを聞いたのもラジコがあるから。そんな意見を周りでようやくチラホラ聞けるようになったのが今年初めぐらい。

   「しめしめっ!みんなラジオの良さを再認識してくれだしているかも!!」と、そんな話を耳にする度にラジオ制作をしている身としてはほくそ笑んでいる。

テレビ屋から「キラキラ小島慶子」「阿部礼司」聞いてる

   テレビ番組のディレクターなどにラジオの制作をしていると話すとかなり驚かれる。それからは正直、格下の扱いを受ける。ラジオよりテレビの方がエライのかッとも思うが、「テレビより映画の方がエライのか」と聞かれたら黙ってしまいそうになるのと、同じ感覚だろう。

   そんな彼らはあまりラジオに興味がないのかと思っていた。なぜならば、「そもそもラジオ番組のディレクターってどんな仕事なの」と子供のような質問を逆にされたりして、それこそこっちが驚くわと突っ込みを入れたくなるほどだからだ。

   少ない経験値で申し訳ないが、テレビ番組のディレクターの多くはドライブ中でもテレビを付けている人が多いように思う。走行状況によっては音声のみになる場合も多々あるが、それでも彼らはテレビをつけている。そんなにテレビが好きなのか、そんなに同業他社を絶えずチェックするほど仕事熱心なのか。どっちでもあるのだろうけど、車の中でもテレビなのには驚く。

   とまぁ、ここまでラジオ離れし、ラジオに興味なさそうだった例をツラツラと上げてみましたが、そんな彼らでもラジオの楽しさを再発見しつつある。パソコンで作業中にラジコで聞いたラジオ番組がものすごくおもしろかった!とツイッターでつぶやき、Facebookのウォールに書き込んでいる。まさに「いいね!」と言ってくれている人が増えた。

   「テレビで仕事した時と、今のキラキラ小島慶子がパワーアップしすぎていてビックリした!」とか、「阿部礼司を聞かないと1週間が終わらない感じ。ワタシにとっての新しいサザエさん的存在」などなど。つぶやきやウォールを見ては、ますます「シメシメ!」と一介のラジオ制作者でしかないが、彼らが喜んでいる様子を見てニヤニヤしてしまう。

テレビでラジオを聞くという画期的な試み

   さて、この行為にあるときふと気がついた。これってリスナー感覚に近くない?と。つまり、SNSの特性はラジオの特性と非常にリンクしているのではないかということ。SNSでつぶやくことは、ラジオパーソナリティーのおしゃべりやリスナーの「お葉書」であり、それに対してリツィートしたり「いいね!」と追随するのは、リスナー同士で一つの番組を一緒に聞いているという「ワクワク感」や「笑いのツボ」共有感覚に似ている。

   ラジオはもともとが「1対1」のパーソナルメディア。自分にだけに喋ってくれているという感覚と、一人ではないのだということを教えてもくれる。これがSNSを使う際の心理状況と非常に近いものを感じる。本名、匿名どちらにせよ、SNSにはユーザーがどんな人なのかはわかるようになっている。人間味を感じる部分でリスナーとその性質も相通じるものがある。となると、ラジオは元祖SNSメディアだったのかもしれない。

   ラジコで復権を図ろうとするラジオ業界。全国展開する日も近く、この春にはラジコ機能搭載のハイビジョンテレビまで登場する。テレビでラジオを聞くという画期的な試みにはさすがに驚いたが、このぐらいやっていかないと物事はなかなか進まない。

   しかしながら、ラジコばかりに頼っていてもいられない。それこそ元祖SNSメディアとして、これからの時代に見合った番組作りができるはずだ。昔からラジオ好きの方、ラジコからラジオ好きになった方、これから変わっていくラジオにご期待ください!

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中