「はやぶさ」こっちが元祖!寝台特急SL「C61」も50年ぶり復活

印刷

   おととい(2011年3月5日)デビュー した東北新幹線の「はやぶさ」。東京から新青森まで3時間10分というだけでなく、初のハイクラスシート「グランクラス」が話題だ。司会のみのもんたは「本当に飲み放題なの」と、そっちが興味あるらしい。

   この1番列車に奥平邦彦レポーターが乗っていた。さすがにグランクラスは取れなかったようで、「先頭車両の18席だけですからね」1か月前からの発売だが、すぐ売り切れ状態だから当分みのの「飲み放題」は実現しそうもない。

引退車両3億円をかけ復元

   新幹線効果は絶大なようだ。12月の全線開通で八戸―新青森間の乗客は在来線と比べて31%増。青森県内33か所の観光施設の客は対前年比12%増、棟方志功記念館は3倍、青函連絡船の八甲田丸が160%などなど。

本当に飲み放題なの

   その「はやぶさ」の始発が大宮駅付近を通り過ぎるとき、並行している鉄道博物館に通ずる線路上を、白煙をあげながらゆっくりと走る蒸気機関車(SL)がいた。C61型で、50年前に東京―鹿児島間の寝台特急「はやぶさ」を引っ張っていた蒸気機関車。元祖「はやぶさ」だ。1973年に引退して、伊勢崎市の華蔵寺公園の遊園地に展示されていたのを、JR東日本が復元したのだった。

   ボイラーなどはさすがに腐食が進んでいて、修理に3億円をかけたそうだが、動輪などはオリジナルのままだという。7月には群馬県の観光キャンペーンで実際に走るという。

岡安弥生アナ「塩山」駅をシオヤマ

   末吉竹二郎(国際金融アナリスト)が「学生時代の昭和38年 から42年、これで東京を往復していた」と言う。彼は鹿児島出身だ。「当時は22時間半かかったんですよ。でも、話したい人と一緒にいられるのはとてもよかった」

   みの「話したい人って、だれ?」

   末吉「いやいや」

   この「C6120」には元祖「はやぶさ」の丸いバネルまでついていたから、マニアにはたまらないだろう。いま全国に12台のSLが走っていて、どこも観光の目玉になっている。

   岡安弥生アナが2008年の山梨でのキャンペーンで1200万人、経済効果1630億円と紹介した。ところが、ここで「甲府―塩山」を「しおやま」と読んで、たちまち突っ込まれる。いまや、ただの通過駅だものね。若い人は知らないんだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中