解熱・鎮痛薬「ロキソニンS」大人気―医者の薬が街で買える

印刷

   解熱・鎮痛薬の「ロキソニンS」(第一三共ヘルスケア)が売れまくり――。番組によると、今年1月の発売開始からから2か月で100万個を売る大人気。これまで「バファリン」など一部ブランドの寡占が続いていた解熱・鎮痛薬市場で、いきなりダントツの1位となっているそうな。

   「ロキソニン」はもともと病院で処方されるクスリで、番組コメンテイター陣にもよく使っている人がいるトップブランド。それが、まあそれほど重大なリスクはなさそうだ――というので、ドラッグストアで薬剤師取扱のもと、オーバー・ザ・カウンターで売ることが認められた(スイッチOTC)。効き目の強い医者のクスリが診察料なしで、わりと自由に買えることになったワケだ。

   「忙しい会社勤めの方が、とくに買い求められています。スイッチOTCはお医者様で出しているという安心感で売れ行きはいい」(コクミン東京駅キラピカ通り店店長)

   発売時からクスリ界の「大型新人」と目されたロキソニンSだが、期待に違わぬ結果を出したようである。なお初回購入に限って、薬剤師による約2分間の説明を受けることが義務づけられているそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中