佐野元春、大地震の復興願い詩を公開 「それを『希望』と名づけよう」

印刷

   シンガーソングライターの佐野元春が3月13日(2011年)、自身のオフィシャルウェブサイトで、東北地方太平洋沖地震による12、13日の公演休止の報告、および地震の復興を願った詩を寄せている。

   詩のタイトルは「それを『希望』と名づけよう」。街が揺れた日に残された者の立場から書き上げたものだ。「偶然にも生き残った君の生を讃えてみてはどうだ?」「生き残ったことへの幸運を噛みしめてみてはどうだ?」「君が光を放つことで、友を弔うんだ」などと力強い言葉が並んでいる。

   また、地震のことで本人は「被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。一刻も早い復興がなされること、全国のファンのみなさんが無事であることをお祈り申し上げます」と署名入りでコメントを寄せている。3月13日は佐野元春の誕生日でもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中