狩野英孝 両親に感謝「生きててくれてありがとう」

印刷

   お笑い芸人の狩野英孝が3月14日(2011年)のブログで、両親への感謝、そして被害に遭った東北地方の人たちに向けてのメッセージを書き込んでいる。

   宮城県栗原市の実家が震災に遭い、両親とはいったんは連絡がとれ、無事を確認できたものの、その後、なかなか電話がつながらずに心配だったという。ところが、テレビや新聞の取材を受けている両親の姿を見て、「本当に生きててくれてありがとう」と涙が出たと、その胸の内を語っている。

   そんな最中、外に出たら、東京では温かい風が吹き、梅の花も咲き始めているのを目にした。東北地方の人たちに向けて、「まだまだ東北は凍えるような寒さだと思いますが、だんだん確実に春は近づいてきています」と呼びかけている。

「悲しみや寒さや悔しさで胸がいっぱいでしょうがみんな負けちゃダメだよ!」「みんな頑張れ!!みんな頑張れ!!みんな頑張れ!!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中