長谷部誠チャリティーオークションにスパイク出品ただいま50万円

印刷

   サッカー日本代表でドイツの長谷部誠が3月23日(2011年)のブログで、東北関東大震災の被災者を支援するチャリティーオークションに出品している自身のスパイクを紹介している。

   出品されたスパイクは、1月のアジア杯で長谷部が履いていた2つのうちの1つ。長谷部は「優勝を決めたオーストラリア戦もこのスパイクでPlayしました」と説明し、「興味のある方は覗いてみて下さい」としている。

   チャリティーオークションは日本プロサッカー選手会が主催しているもので、現在143点のアイテムが出品されている。長谷部のスパイクは22日に出品され、現在50万円の値を付けている。入札の期間は27日まで。

   同じく日本代表の川島永嗣が出品したキーパーグローブは23日、130万3000円で落札された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中