日本ダメなら米仏の原発専門家に知恵借りろ!

印刷

   東京電力の福島第1原発で何が起きつつあるのか。もはや当事者の発表は信じられない事態になった。

   ことの起こりは、東電が27日(2011年3月)午後2時に行なった記者会見。2号機タービン建屋内に溜まった水から1立方cmあたり29億ベクレルという超高濃度の放射性物質を検出したと発表した。この濃度は通常の1000万倍というケタ違いの数値だ。検出した物質のなかに、放射性ヨウ素134など核分裂で出る放射性物質も含まれていたことを明らかにした。 ところが夜になって、東電は数値があやふやなため放射性物質を含めて再測定していると説明。28日未明になって、「通常からすると10万倍で、1000万倍は2ケタ間違えた」と訂正した。部外者が知りえる唯一の手立てがこの有り様では、訂正した数値すら信じなれなくなる。

   同時に、保安院が「2号機タービン建屋の溜まり水表面の放射線量が毎時1000ミリシーベルト」であることも公表した。1年間に浴びていい限度が1ミリシーベルトで、その1000倍にあたり、超高濃度である。

プルトニウム漏出の最悪事態

   キャスター小倉智昭「とんでもない数字が出て驚きませんでしたか」と、原子炉工学の専門家、澤田武生(東京工業大教授)に聞く。

東電だけでは…
「訂正されてよかったが、放射性ヨウ素134は厄介なことになり、衝撃がありましたね」

   含まれた放射性物質がなんであるかは今のところ明らかにされていないが、他の報道では、枝野官房長官が猛毒の「プルトニウムについても調べる」と発言しており、最悪の事態を示唆した。

   日を追うごとに悪化しているのに、原子炉内で何が起きているのか、タービン建屋に溜まった超高濃度の汚染水をどう取り除くのか、もはや東電では収拾できない状態なのか、わからないことばかりだ。

黒潮に乗って世界に広がる懸念

   ピーコ(タレント)「東電だけでやっているように見える。もっと専門家を入れるべきではないか」

   澤田「発表が混乱するなど疲れもあるんでしょうが、言われるように、(当事者以外の)人を入れるとかの必要があるのかもしれない。その辺のマネージメントは難しいことがあるのかもしれない」

   原発で使用した水を捨てる放水口の南330mの海水からは、基準値の1850.5倍に当たる放射性物質も検出されている。これが黒潮に乗って世界中にばらまかれるのは時間の問題だ。

   日本に解決する知恵があるのかないのか。ないならアメリカやフランスなどの専門家に来てもらい知恵を借りるしかない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中