2018年 5月 21日 (月)

陸前高田「復興といったって、ほとんど人はいなくなる」

印刷

   被災地の復興――と一口に言うが、津波で町自体が完全に失われ、がれきに埋もれてしまったような町は、いったい復興するまで何十年かかるのか。また津波が来たら? 「住民はその地に残るのか、離れるのか、葛藤しています」と赤江珠緒キャスターが言うのは、岩手県の陸前高田市。

   歯科医院経営の男性は、「青二才」のときに陸前高田に来て歯科医院をはじめ、「この場所で育てられた」ことに感謝している。先は見えないが、復興の思いを胸に町にとどまり、患者に恩返ししたいという。

「関東の方に出張るか、迷っている」

   こうしたNHK的な美談がある一方で、また違った思いを口にする人もいる。同市市長は「マスコミのみなさんは(復興と)簡単に言いますが、現状を見ていただければわかると思います」と、絶望感を漂わせながら、キレ気味に話す。

葛藤しています

   ガソリンスタンドに勤務していたという41歳男性は「ほとんど(人が)いなくなんじゃないですか? 陸前高田市」「また商売やるといっても、みんな流されりゃお金もない」「関東の方に出張るか、迷っている」などと言う。

   「みんなに逃げ出さないで、残ってほしいが、そうできない事情がある。いまのままでは町は終わってしまう」と、歯科医師は話した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中