「思い出探し隊」瓦礫の中から写真や遺品見つけます!

印刷

   町の家屋の70%が津波に流され瓦礫となった宮城県・南三陸町。「スッキリ!!」はそんな中でユニークな活動をしているボランティアグループ「思い出探し隊」に密着した。

メンバー7人のボランティア

   瓦礫を掘り返し、埋まっている写真や日記、名前が入った文房具やグローブなどを集め歩いている。司会の加藤浩次は「こういう作業って、とても大事なことですよね。すべて流されてしまったけど、何か一つでいいから手元に置いておきたかったという気持ちが被災者の中にはあると思うから」と語った。

立ち直るきっかけ

   現在、グループのメンバーは7人で、大分県から参加をしている小畠春夫氏は、「南三陸町に住む知人の安否を確かめるために大分からやって来た。知人は無事だったが、この瓦礫の山を見て居ても立ってもいられなくなり、グループに参加した」と笑う。

   岩手県・大槌市の安渡小学校での卒業式の様子も紹介した。体育館は避難所になっているため、校庭での卒業証書授与式。卒業証書を片手に明るく笑う子供たちがいる。

   ロバート・キャンベル(東大教授)「なくしてしまったと思っていた写真が手元に帰ってくることは大切なこと。事態が落ち着いてきたときの立ち直るきっかけになる。生きてきたことの証しになるのだから」

   おおたわ史絵(内科医)「思い出の品を探しに行きたくても行けない人がたくさんいる。時間の経過と共に忘れてしまうこともある。そんな時、1枚でも写真があればいろいろなことを思い出すことができますよね」

   今日も思い出探し隊は瓦礫の中を歩き回っている。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中