カズゴールに妻・りさ子「子どもたちと録画で見直してます」

印刷

   3月29日(2011年)開催されたサッカーの震災復興支援チャリティーマッチで、Jリーグ選抜の一員として出場しゴールを決めたカズこと三浦知良。妻の三浦りさ子はブログで、ゴールの瞬間の感動とその後の夫とのやり取りについてつづっている。

   大阪・長居スタジアムで義母とともに観戦していたりさ子夫人。満場の声援の中ゴールを決めたカズに「感謝感激」し、義母と手を取り合って喜んだ。義母の目には涙がにじんでおり「更に胸が熱くなりました」という。

   東京に戻ってからも子どもたちと録画で試合を見直し改めて感激していたが、自身のブログは試合以来カズ宛のコメントが多数寄せられ「私のブログが主人のブログみたい」な状態に。カズも「な~!新幹線で全部読んできた」とのことで、ファンの思いはカズにもしっかり伝わっているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中