2018年 7月 19日 (木)

瀧本美織「『てっぱん』の仲間は一生もんの家族になりました」

印刷

   NHKの連続テレビ小説「てっぱん」でヒロインを務めた女優・瀧本美織が、4月2日(2011年)に迎えた最終回の感想をブログに書いた。

   半年にわたった朝ドラの出演を終えた瀧本だが、気持ちはまだ「終わってほしくない!」。初出演のこのドラマでさまざまな出会いや経験を得ることができたといい、「てっぱん」が「家族」を描いた物語だっただけに、苦楽をともにした仲間は自分にとって「一生もんの家族」になるだろうという。

   ラストについて、「自分で言うのもなんだけどてっぱんらしい終わり方だったんじゃないかな!」とし、

「てっぱんのキャラクターたちは、きっとこれからも底抜けに明るく前を向いて生きていってくれると思います。だから私もしっかり前向いて、次に進んでいきます!」

   と、今後の活動へ決意を新たにするとともに、改めて視聴者や関係者に「ほんとにほんとに、、ありがと」と感謝した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中