瀧本美織「『てっぱん』の仲間は一生もんの家族になりました」

印刷

   NHKの連続テレビ小説「てっぱん」でヒロインを務めた女優・瀧本美織が、4月2日(2011年)に迎えた最終回の感想をブログに書いた。

   半年にわたった朝ドラの出演を終えた瀧本だが、気持ちはまだ「終わってほしくない!」。初出演のこのドラマでさまざまな出会いや経験を得ることができたといい、「てっぱん」が「家族」を描いた物語だっただけに、苦楽をともにした仲間は自分にとって「一生もんの家族」になるだろうという。

   ラストについて、「自分で言うのもなんだけどてっぱんらしい終わり方だったんじゃないかな!」とし、

「てっぱんのキャラクターたちは、きっとこれからも底抜けに明るく前を向いて生きていってくれると思います。だから私もしっかり前向いて、次に進んでいきます!」

   と、今後の活動へ決意を新たにするとともに、改めて視聴者や関係者に「ほんとにほんとに、、ありがと」と感謝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中