2018年 7月 22日 (日)

若槻千夏、自身のブランド「WC」から義捐金3700万円

印刷

   タレントの若槻千夏が4月4日(2011年)のブログで、自身のファッションブランド「WC(ダブルシー)」から東日本大震災の被災地への義援金として、約3700万円を寄付したと報告した。

   ダブルシーではチャリティーTシャツを3月18日から31日までの13日間、ネット上で販売。約2700万円の収益が出たといい、全額を災義援金として日本赤十字社に寄付。それとは別にダブルシーからも1000万円寄付した。今後もダブルシーの年間利益の1%を社会貢献活動に充てていくとしている。

   「ご賛同、ご協力をいただきました皆様に改めて御礼申し上げるとともに 被災地の方々におかれましては 一日も早い復旧がなされます事をお祈りいたします」と綴っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中