2018年 7月 21日 (土)

小沢一郎「菅退陣論」この非常事態に関心はまだそっちかいッ!

印刷

   「大根おろしではないのだから、そんなに簡単に一国の総理大臣を引き落とせるのか」と司会のみのもんたは怒る。今朝(2011年4月18日)の「朝ズバッ!」は加速する菅首相下ろしに焦点を当てた。

   きっかけは、野党だけではなく、身内の民主党の小沢一郎元代表らからも菅直人首相の退陣論が出たこと。こうした動きに反発の声が相次いでいる。

民主党内も猛反発

   北沢俊美防衛相は「被災者を目の前にして政治が争っている。首相は迅速で全力投球。失敗があるなら具体的に指摘し、首相が辞めた後の構想を示すべき」と語った。渡部恒三最高顧問は「このような非常事態の時に党内で派閥抗争のようなことは絶対に許されない」と語り、玄葉光一郎国家戦略担当相も「誰なら原発事故を収められるのか。自信がある人がいるのか」と反論。枝野幸男官房長官は「震災、原発事故対応は1日たりとも力を弱めるわけにはいかない。いま与えられている責任について全力を尽くす」と反発する。

世界が日本を注目しているのに

   ゲストのつのだひろ(歌手)は「こんな時に政治家同士が争っている場合か」と不快感を見せ、コメンテーターの八塩佳子(学習院大学特別講師)もこう話す。

大根下ろしじゃないんだ!
「世界が日本の動向を注目しているのに、政治が停滞することは許されません。国を上げてこの難関を乗り越えない」

   菅内閣が大震災、原発事故に右往左往していることはだれの目にも明らかだが、国民が望んでいるのは野党、民間の知恵も結集した「震災緊急臨時内閣」であって、民主・自民大連立などではないだろう。「菅がやめなければ協力できない」などと言っている谷垣自民党、地元東北が大被害に遭っているのにどこにいるかよく分からない小沢にも有権者の失望は広がっている。ただ、「震災緊急臨時内閣」を作るためには、菅が「一定のめどが付いたら私は辞めるから協力してくれ」と言うことが先決だろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中