マナカナ・佳奈「Sweet Homeを聴きながらランニング。最後の1曲直前に…」

印刷

   マナカナの妹・三倉佳奈「ねぇ聞いてよぉ~!!」と、久しぶりに行ったジムでのガッカリな出来事を4月21日(2011年)のブログに書いている。

   その日、姉妹のアルバム「Sweet Home」を聴きながらランニングマシンでトレーニングしていた彼女。全12曲のラストの「Sweet Home」聴き終わるまで走ろうとスタートした。1時間弱のコースだ。

   思わず「歌いたくてウズウズする」が、周りの目があるから「口パク」。これはこれで怪しい。途中のバラードエリアで苦しくなりながらも頑張って走り、いよいよ最後の曲「Sweet Home」!ラストスパートをかけ、ゴールを目指して走り出した、その時・・・

「あのー、すみません。もう閉館なので終了していただいていいですか。」

   なんと、トレーナーのお姉さんから終了のお知らせが。

   「このために走ってきたのに!!45分近く頑張ってきたのに!!」と、これには三倉も「ガクリ。笑」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中