2018年 7月 23日 (月)

地元離れて一人暮らしの「短期契約」新社員―気仙沼の18歳健気

印刷

   希望に満ちた社会人生活の第1歩を踏み出すつもりだったのに、大震災で暗転、就職内定を取り消された若者が少なくない。宮城県気仙沼市の高校生だった前田真里さん(18)もそのひとりだ。

   入社4日前だった。高校の先生から電話がかかってきた。突然のことで、何が起きたのかわからなかった。ようやく内定取り消しの事情が飲み込めたが、今度は涙がとまらなかった。

震災・津波で内定取り消し

   前田さんは両親と弟と祖父母の6人暮らし。高校を卒業したら少しでも一家の役に立ちたいと地元の農協に就職を決めた。しかし、農協は津波で大きな被害を受け建物も流された。被害は自分の家にも降りかかった。船員の父が仕事を失い、自分が頑張らねばと思っていた矢先の通告だった。

ぼくに電話ちょうだい

   地元を離れた町での就職を決意し、車で2時間の登米市の農協で1年間の短期契約社員として働くことができるようになった。一時はショックで途方にくれたが、チャンスを与えてもらったので頑張っていこうと思っている。

   アパートを借りて通勤している。初めての1人暮らしだ。朝8時に出勤、仕事はトイレ掃除から始まる。

   司会のみのもんたが電話で聞く。「いま一番楽しいことは何?」

   真里さん「いろんな仕事を覚えていくことです」

   みの「辛いことは?」

   真里「家の中のことが大変ですね。料理もあまりしたことがないんで」

   みの「月給はいくらなの」

   真里「まだもらっていないのでわかりません」

   みの「月給もらったらどうするの?」

   真里「家族にプレゼントしたいと思っています」

一家を支えていこうという決意

   みの「1年たったらどうするの」

   真里「契約更新できたら、更新したい」

   みの「1人暮らし、初めてなんでしょう。朝起きたら、『朝ズバッ!』を見れば大丈夫だからね。何かあったら電話ちょうだい。ぼく出るから」

   真里「そうなんですか」

   みの「今の信じてないでしょう。でも、なんかあったら電話ちょうだい」

   真里「(笑いながら)はい」

   18歳の新社会人はまだまだ緊張が取れないが、しっかりした口ぶりに一家を支えていこうという決意が伝わってくる。これからいろんなことがあるでしょう。困ったら、みのさんに電話するといいですよ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中