ブルワーズ斎藤隆 「頑張ってきたからこその怪我なんだ」

印刷

   左太もも裏と左わき腹を痛めている、MLBミルウォーキー・ブルワーズの斎藤隆投手が5月1日(2011年)のブログで、復帰に向けての意気込みを語っている。

「左太もも裏は順調に回復していたのですが、調整登板中に、今度は左わき腹を痛めてしまいました」

   MRI検査をしたところ、復帰までにしばらく時間がかかることがわかった。メジャー6年目を迎えた右腕は、戦列を離れることは悔しいけれど、焦らずに治療していきたい考えだという。

「今までも何度か故障・怪我を経験してきましたので、こういう不本意な事態になったときの捉え方や対処は、ある程度わかっているつもりです」

   これまで頑張ってきたからこその怪我なのだと前向きに考えている。回復するまでの間は勉強の時間に充てるつもりで、「怪我と向き合い、自分ともしっかり向き合って、1歩1歩、1日1日、動かせる部分はトレーニングしながら、次回のマウンドに向けて進んでいきたい」と抱負を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中