2018年 7月 20日 (金)

ブルワーズ斎藤隆 「頑張ってきたからこその怪我なんだ」

印刷

   左太もも裏と左わき腹を痛めている、MLBミルウォーキー・ブルワーズの斎藤隆投手が5月1日(2011年)のブログで、復帰に向けての意気込みを語っている。

「左太もも裏は順調に回復していたのですが、調整登板中に、今度は左わき腹を痛めてしまいました」

   MRI検査をしたところ、復帰までにしばらく時間がかかることがわかった。メジャー6年目を迎えた右腕は、戦列を離れることは悔しいけれど、焦らずに治療していきたい考えだという。

「今までも何度か故障・怪我を経験してきましたので、こういう不本意な事態になったときの捉え方や対処は、ある程度わかっているつもりです」

   これまで頑張ってきたからこその怪我なのだと前向きに考えている。回復するまでの間は勉強の時間に充てるつもりで、「怪我と向き合い、自分ともしっかり向き合って、1歩1歩、1日1日、動かせる部分はトレーニングしながら、次回のマウンドに向けて進んでいきたい」と抱負を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中