「JIN」描くきっかけになった1冊の本 キャイ~ン天野が作者から聞いた秘話

印刷

   お笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆきが、ドラマ「JIN」の原作コミックスの作者・村上もとかから聞いた制作の秘話を、2011年5月1日のブログに書いている。

   以前、村上と対談したときのこと。「江戸時代の性病」という1冊の本が、「JIN」を描くきっかけになったと教えてくれた。江戸時代、遊郭で働く女性の多くが、性病のため、若くして命を落としていたことを知った村上が「もし現代の医療技術があれば、たくさんの人が救えたであろうに」と思い立ったのだという。

   「JIN」は、江戸時代にタイムスリップしてしまった脳外科医の主人公が、近代医療で幕末の人々を救ったり、坂本龍馬ら幕末の英雄たちと交流したりするヒューマンストーリー。ドラマは2011年4月から、俳優の大沢たかお主演による第2期の放送がはじまり、初回視聴率は23.7%と好調。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中