2018年 5月 23日 (水)

大相撲「技量審査場所」皮肉な人気―協会公式サイトでネット中継

印刷

   あす(2001年5月8日)からの大相撲「技量審査場所」が、皮肉なことに結構な人気だ。無料配布された入場券がネットオークションで升席数万円の値が付いている。通常は1枡約4万5000円だから安いわけではないのだが、本場所では入手が難しいこともあって値がせり上がっている。

   なにしろ、さすがに疑惑をもたれるような相撲みはできないから、力士たちも思いっきりのガチンコ、けが人続出なんて予想もあって、相撲ファンならずとも見ごたえのある場所というわけだ。しかし、NHKは中継もダイジェストもなし。そもそも放送用のカメラをセットしないから、定時ニュースでも映像なしの上位の勝敗だけ、ことによったらそれもなしで、千秋楽に優勝力士を伝える程度かもしれない。

   そこで、日本相撲協会は午前9時の序の口から午後6時ころの結びの一番までを公式サイトでネット配信する。もともと国技館では館内限定のFMラジオ「どすこいFM」を流しているが、十両以上の取組ではこのアナウンサーが実況を担当、親方衆が日替わりで解説も付ける。対戦力士のテロップも付ける。

   妙な演出がないのでNHKの中継放送よりもかえって臨場感が出て、これをきっかけにNHKよりコッチなんていう相撲ファンが増えるかもしれない。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中