名古屋5人焼死「使ってなくても発熱・発火」タコ足配線

印刷

   5月25日未明(2011年)、名古屋市内の2階建て木造住宅で火災が発生、3世帯8人家族のうち、2階で寝ていた幼い子供を含む5人が死亡し、2人が意識不明の重体となる惨事があった。

   パソコン数台が置かれた2階の部屋が出火元とみられており、タコ足配線が原因として浮びあがってきた。電気を使っていない深夜になぜ火災が起きたのか。

数分程度でショート起こすテーブルタップ

   愛知県警や市消防本部の調べでは、出火元の部屋では3台のパソコンの電源コードがタコ足配線になっており、電源コードの下の床に強く焼焦げた跡があったという。

コンセント抜くしか

   タコ足配線になりがちなのがテーブルタップ類の延長コード。意外と盲点で、2004年~09年までの5年間で配線器具や延長コードの火災が1119件。うちテーブルタップ類の延長コードが30%と最も多いという。

   製品の安全性や事故原因を調べるNITE(製品評価技術基盤機構)の専門家によると、「一番危険なのは過電流だ」という。延長コードやテーブルタップの許容量以上の電力を使ったときに、コードや差し込み部分が発熱して出火する現象だが、過電流だと数分程度でショートしてしまうという。

   たとえば、1つの延長コードに2つのテーブルタップ。そこに5つの家電製品を繋ぐ。さらに延長コードを何重にも巻いて束ねた状態で家電製品のスイッチを入れると、束ねたコードが150℃程度に発熱する。

トラッキング現象が原因か

   しかし、今回の火災でタコ足配線のあったのは消費電力が100ワット程度のパソコンで、3台でもたかだか300ワット。皆が寝静まった深夜ならそれも使っていなかったはず。

   専門家によると、トラッキング現象の可能性があるという。「タコ足配線は元のコンセントを抜かないケースが多い。そこにホコリや湿気の影響を受け、消費電力に関係なく放電が起こり発火する」現象である。また、延長したコードは家具などに傷つけられた部分から発火するケースもある。

   弁護士の本村健太郎「うちなんかコンセントからコードを引っ張ってその上を平気で歩いていますからね。まずいですね」

   司会の加藤浩次も「束ねていますよね。コードを長くしておくと傷つけるし、やっぱり元のコンセントを抜くしかないのかな」と言う。

   ちょっとした盲点だが、商品を販売する側ももう少し注意を喚起する工夫が欲しい。

モンブラン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中