飼い主と日常会話するネコ「しおちゃん」帰宅遅いと「バカヤロウ」

印刷

   人間の言葉をしゃべるネコ「しおちゃん」。もともとはオスの捨てネコで、飼い主の男性とコミュニケーションしているうちに、突然「おかえり」としゃべりだした。その記録を「YouTube」に投稿したところ、現在まで1600万回以上のアクセスあったという。

   勤務先のアメリカ・シアトルの自宅で、飼い主と暮らすしおちゃん。言葉に一段と磨きがかかった最新映像を――。

「おかえり」「うまうま」「ごきげん」

   外出していた飼い主が帰宅して「ただいま」と声をかけると、「おとん」「おかえり」「2人だけのじかん」と答える。飼い主が買ってきた野菜を見せると、「うまうま」「たべゆ」。さらに、料理を作る飼い主のわきで「ごきげん」。「もう1回『ごきげん』言って」と飼い主が催促すると「いわない」。飼い主が帰宅が遅くなったりすると、「バカヤロウ」「コンニャロ」と怒ったりもする。

ネコの思考回路

   司会の加藤浩次「すごい。こういうことってあるんですか」

   オウムと違って会話になっているからびっくり。

   内科医のおおたわ史絵「ネコに関しては人間の言葉をしゃべるという目撃談は多い。同じ哺乳類でも、イヌに比べネコのほうが圧倒的に人間の言葉をコピーする能力が高いみたい。『この甲斐性なし』といわれた男がいますよ」

   加藤「それネタでしょう」

   キャスターのテリー伊藤「最初はいっこく堂(腹話術)さんみたいに横で話しているのかと。皆が飼っているネコもああいう思考回路だとすると、しゃべれなくても思っているわけですよね。優しく接しないとダメね」

   ネコの不気味さが分かったような複雑な思いが残る話題だった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中