薄型テレビ今週末が激安購入チャンス!32インチ3万5800円

印刷
「いま、テレビが買い時です」

   昨年来、何度か耳にした言葉だ。7月24日(2011年)の地上デジタル放送への完全移行、アナログ放送終了まで45日(震災被災地3県を除く)となったいま、「スッキリ!!」がまた取り上げた。キャスターのテリー伊藤が「まるで通販番組みたい」と冷やかす。

   たしかに安い。32インチの薄型テレビが3万5800円。発売当時の半額だ。リポーターの中山美香が家電量販店を取材した。

震災で在庫だぶつき

   総務省が今年3月に発表した地デジ対応テレビ世帯普及率は94.9%。もう移行済みという世帯がほとんどと思えるが、寝室や子ども部屋用など2台目以降は7割近くがアナログという調査もあり、まだまだ需要があるのだ。

僕もうちょっと待つ

   とりわけ、32インチが異例の激安状態。4万9800円の22インチより安い。流通ジャーナリストの金子哲雄によれば、各メーカーは3月末のエコポイント終了による駆け込み需要を見込んで売れ筋の32インチを大量生産したが、3月11日の東日本大震災による消費低迷で需要が落ちた。それがだぶついているという。

   司会の加藤浩次「今は買い手と売り手のがまん比べ。まだ安くなる。いや、これが底値とにらみあっている」

   中山「直前の7月になると、商品が減ってまた上がるかもしれない。8月、9月は新しいモデルが出て高くなる。いまがチャンス」

   加藤「新しいモデルが出て、古いモデルが上がることはない。もっと下がる」

   中山「でも、7月になれば売り切れてしまうかも」

   加藤「いや、僕はもうちょっと待つ」

値引き大きい雨の日曜日

   中山によれば、買うなら狙い目は土曜、日曜だが、日曜は売り切ってしまいたいという店の意向が働くので、日曜がいい。さらに、雨が降れば客が少ないため、値切り交渉がしやすくなる。天気予報によると、今週末は傘マークが出ている。12日の日曜が狙い目という見立てである。

   キャスターのテリー伊藤「街の電気屋さんでも買ってほしいね。アフターサービスがいいんですよ」

   昨年来、「今が買い時」と盛んに薄型テレビのセールが行われたが、今度こそ最後になるのか。

 
文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中