東京「としまえん」いまやコスプレ聖地―園内を衣装姿で闊歩

印刷

   東京・豊島区の遊園地「としまえん」で妙な光景が見られるという。遊園地に似つかわしくない旅行用のキャリーバッグをごろごろと転がす集団が続々と来園しているというのだ。いったい何事――!?

なぜか多い「職業はナース」

   じつはとしまえんでは、コスプレのイベントを多数開催しており、いまや「コスプレの聖地」なのだという。集団はコスプレーヤーで、バッグの中身はコスプレの衣装というわけだ。

   一般の客より数が多いというコスプレーヤーが、園内を練り歩く。まったく知らずに来た客はその光景をどう思っているのか。「ちょっとビックリしたけど子供は喜んでいた」(女性)、「おもしろそうデス」(ニュージーランド出身の男性)など、ある程度好意的に受け止められているらしい。ただ、そうは言いつつ、少々腰がひけた感じではある。 色取り取りの彼ら、ふだんはどのような姿をしているのか。番組が聞いたところでは、「ナース」が多かったという。それがなぜなのかはわからないが、「(コスプレーヤーに)もともと制服が好きだという方は多い」(小松靖アナ)そうである。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中