2018年 7月 19日 (木)

亀井静香吠えた!「介錯、介錯と部下が刀振り回してる。政権党失格だ」

印刷

   政権幹部から早く首相は辞めろの大合唱だ。その中心になっているのが仙谷官房副長官。12日(2011年6月)には「(第2次補正予算案の)肉付けするのは与野党の広い枠組みで共同作業としてやっていく。(首相辞任は)できるだけ早い時期がいい」と、首相を補佐する役のはずが積極的に菅おろしの発言。今や内閣分裂の様相に我慢できなかったのだろう、亀井静香・国民新党代表が吠えた。

「(辞める)腹を決めて震災対策をまっしぐらにやろうとしているときに、部下が介錯してやる、介錯してやると刀を振り回している。民主党は政権党としての状況にない」

民自連携で埋没を心配

   政治アナリストの伊藤淳夫がゲスト出演し、「完璧なドタバタ劇ですね。首相はある程度実績を残して花道を飾りたいと思っているのではないでしょうかね」と解説する。

亀井さんの思惑

   司会のみのもんた「亀井さんの思惑はなに?」

   伊藤「2つある。若い世代からリーダーが出てくると外されるのかなという思いと、自民党とスムーズに政策協議ができるようになると国民新党の存在感が薄くなるという思いもある」

   だからといって今さら菅延命というわけにはいかない。伊藤は「特例公債法案の成立が退陣の節目になるのでしょう」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中