消滅の危機!福島・浪江町「みんなで戻ろう宣言」に込めた決意

印刷

   福島第1原発の事故で、避難区域に該当した住民は8万8000人。人口が1番多かったのは浪江町の2万1000人で、避難住民はいま44の都道府県で先の見えない日々を送っている。

   その浪江町はこのほど「みんなで浪江町に戻るために」という宣言を出した。「このままでは町自体がなくなってしまう」という強い危機感から、もう1度みんなで町を作っていこうという意思表示である。

   起草した玉川啓・行政運営班長は長期計画を作っていた。もともと原発の恩恵は薄かったから、原発に頼らない町づくりだったが、その原発に故郷を追われ、散り散りになった町民を再びまとめようというのだから、皮肉なものである。

仮設住宅「リトル浪江」で確かめ合う絆

   浪江町はすでに仮設住宅づくりの段階から1つの構想を持っていた。仮庁舎のある二本松市に近い県北部に仮設住宅を集中させ、「リトル浪江」として住民の絆を保とうというものだ。今月初めの入居開始では、3か月ぶりに近所が顔を合わせ、「しばらくだな」「よかった」と再会を喜ぶ姿があった。

   ただ、2800戸にはまだ空きが多い。明日が見えない中で、なかなか戻るふん切りがつかないのだ。どうしたら戻ってくれるか。町は同じ地域の人をまとめてコミュニティーを維持し、病気をかかえる人たちは病院に近いところをときめ細かい作業を進めている。

   商工業の復活も宣言の大きな柱だ。町は企業団地を作って再開を支援する計画だが、町内600社のうち、まだ15社しか名乗りをあげていない。多くはすでに借り入れ金をかかえており、新たな工場立ち上げの費用が二重ローンになってしまうからだ。

   祖父から続く鉄工所経営の八島貞之さんは先頃、避難後初めて一時帰宅が認められて工場を見に戻った。原発から8キロ。むろん防護服だ。これに「クローズアップ現代」が同行した。

   工場は何事もなかったかのようだ。電気もつくし、パソコンも機械もちゃんと動いた。八島さんの車が盗まれていたが、「すぐにも再開できる」状態なのにできない。

「複雑ですね。運び出して、他所で成り立つかどうか」

   従業員5人だが、みな再開を願っている。

   町は独自に放射線「安全マップ」づくりも始めた。今月9日(2011年6月)、福島大の協力で浪江町内を測定して歩いた。線量の高いところも低いところもある。町役場のあたりは一段と低かった。測定を継続すれば「町民が将来を考える判断材料になる」と玉川さんは言う。

原発から6キロ老舗酒蔵「みんなのために仕込み」

   原発から6キロにあった酒蔵「壽」は150年の老舗だが、津波で壊滅した。社長の鈴木大介さんは一時は廃業と腹を決めたが、県の試験場に酵母が残っていることがわかった。鈴木さんはいま借りてきたタンクひとつで酒を仕込んでいる。

「夏にはみんなに飲んでもらいたい。戻って来る目標になれば」

   伝統を守るのも再生の柱のひとつだ。

   仮庁舎との中継で、 玉川さんと佐藤安良・商工会事務局長が語った。

   佐藤「1日から融資制度が始まり、上限3000万円、無利子無担保で20年。きょうまでに10社申し込みがあった。後に続く人への成功モデルにしたい」

   玉川「町民は辛い思いをしている。圏外の人は心細いと思う。現状を伝えてつないでいく。いちばんはまた住めるようになることだが、それまでは段階的に進める」

   消滅の危機から立ち上がる浪江町の姿は感動的だった。復興の核はやはり自治体である。国は黙ってそれを支えるのが仕事だろう。首相の首をすげ替えるより、仕事を加速させる方が先だ。国民はじっと見ている。

NHKクローズアップ現代(2011年6月13日放送「原発事故3か月 避難者たちは今」)

ヤンヤン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中