給食費9年間1億円着服―気付かなかった会計監査なにやってた!?

印刷

   徳島県鳴門市の学校に給食を納める財団法人「鳴門市学校給食会」の職員が、給食費を9年間で約1億円も着服していたことが発覚し、15日に懲戒免職になったという。

徳島県の財団法人「鳴門市学校給食会」

   よくありがちな横領事件のコメント傾向として、着服金額が大きく、期間が長くなればなるほど、それを許した組織やシステムへの風当たりは強くなる。今回も例に違わず、司会の羽鳥慎一が「横領した人は論外だが、9年間着服して気づかないシステムってことですよね」と、もちろん一番悪いのは横領者なんだけど――と、バランスに配慮しながら、「システム批判」の音頭を取った。

公益財団法人なのに

   「ちょっとビックリしますよね。(着服など)魔が差さないような仕組みをつくることも重要だ」と番組コメンテイターで公認会計士の平林亮子が言う。

   「公益財団法人なんだから、それなりの会計検査もあるはずなんですけどね」と、作家の吉永みち子が平林ほうをジロリと見ながら疑問を呈すると、平林は「あるはずなんですけどね」とだけ、頼りなく応じた。

   内部の不正経理を外部でチェックする仕組みは、今回は(も?)機能しなかったようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中