2019年 6月 17日 (月)

赤江珠緒キャスターに羽鳥、一茂完敗!「飛距離表示バット」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   明日(2011年6月18日)から2日間一般公開される東京おもちゃショーから、番組はめぼしいものをピックアップして、スタジオに並べた。

   コーナー進行の久保田直子アナが「野球経験者の羽鳥さんには、コレ」と羽鳥慎一にオススメするのは、プラスティックな小型の野球バット。「いつでもどこでもホームランバット(仮称)」なるもので、スウィングすると、ヘッドスピードから推定飛距離をはじき出すという。

東京おもちゃショー

   羽鳥の飛距離は、86mで「OLレベル」だった。そして、「(野球)やってた、俺も」というコメンテイターの長嶋一茂も記録に挑戦した。「長嶋っていう名前だから野球ウマいんじゃないですか」(羽鳥)という皮肉(?)のなか、元プロ野球選手は「このほうが早く振れる」という片手打ちで、バットを一閃――。

もう帰る、オレ

   しかし、数字は冴えず、たった82m。さらに、89mをたたき出した赤江珠緒キャスターがオドロキのトップに立つというおもしろい展開に。

   この結果に怒りがおさまらない「長嶋」は「ちょっと待って。おかしい、絶対こわれてる。ありえない!」と叫び、最後には「もう帰る、オレ」とむくれていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中