「無駄通院」減らそう…広島・呉市が国保患者に指導

印刷

   今年2011年は、国民健康保険が生まれて五十周年だという。それをお祝いして、各地で記念行事が盛大に行われた――のならよかったが、この国保もまた、この国の人々の安全・健康にまつわる多くの仕組みと同様、先行きが危ぶまれている。

   もともと、会社を辞めた人、リタイヤした人など、会社の保険に入っている人より医療費がかかる傾向の人が加入する構造な上に、国全体と歩調を合わせて加入者の高齢化が進み、医療費は増大。反対に、納付率は低下しているとか。

レセプト分析で医療費削減

   広島県の呉市もまた、国保の支出がこの10年ほどで150億円から260億円にふくれあがったそうな。ここまでは、いつものお話だが、同市は希有なことに、「医療費の無駄」を省くことを目指して、ユニークな取り組みを行っているという。医療機関から送られてくるレセプト(診療報酬明細書)をすべてデータベース化。レセプトの内容を分析し、いくつかの対策をはじめたのだ。

   その一。患者に、ジェネリック医薬品への切り替えをすすめる手紙を送る。これは患者も薬の負担額が減るというメリットがある。これで年間1億円の削減になったという。

   また、糖尿病が悪化、腎機能が低下し、透析を受けるようになると、高額な医療費がかかることがわかった。そこで、糖尿病悪化のハイリスク患者をレセプトから洗い出し、へルシーな料理強教室など、徹底した生活指導を行って、医療費の増大を予防する。

   そして、もっとも議論を呼んでる感じなのは、まさしく、文字通りの「無駄な医療」を、市が判断するもの。毎日のように医者に通っている人の診療内容を検討して、受診回数を減らせそうだと判断すると、患者のお宅を直接訪問し、ご説明に及ぶ。受診をやめさせる強制力はないので、「指導」という名目だ。

医師会反発「言われる筋合いはない」

   医師は当然、猛反対。「レセプトだけ見て、そんなに治療しなくてもいいじゃないかなどと言われる筋合いはない。我々、医師としての治療の方針がありますから」(呉市医師会会長)

   国民健康保険に詳しいという医師で北海道大学名誉教授の前沢政次さんは、呉市のレセプトマイニングを「涙ぐましい努力」と評価するが、「無駄な医療」については「(市は)健診とか救急医療とかで、(医者に)お世話になっている立場なので、医療をああして、こうしてとは言いづらい」と指摘する。

   この世の中には、カネ(雀の涙)払ってやってんだろ、甘えんな、はやく原稿送れ、ああしろこうしろ――みたいな、カネ払う奴が一番お偉いことはめずらしくないのだが、医療の世界は幸か不幸か、まだまだ別世界のようだ。

ボンド柳生

   *NHKクローズアップ現代(2011年6月21日放送「『医療費のムダ』を減らせ~国民皆保険50年~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中