心肺停止のおばあちゃん九死に一生!偶然通りかかった「私は医者です」

印刷

   「まるでドラマのような人命救助があった」とリポーターの阿部祐二が報告した。車の中で突然、心肺停止になった高齢の女性が偶然が重なって九死に一生を得た。

   千葉県野田市の佐藤裕子さん(58)は6月9日朝(2011年)、心臓に持病のある母親の斎藤ユキさんを(83)を車に乗せて病院に向かっていた。ところが、家を出てまもなく異変が起きた。ユキさんの顔が真っ青になり、けいれんが始まり、呼吸停止状態になったのだ。佐藤さんは交差点に車を止めて、携帯電話で119番しながら片手で心臓マッサージを始めた。約5分たった。救急車は来ない。

   もうだめかと思ったその時、1人の女性が車に乗り込んできた。

「私は医者です」

   勤務している病院の当直が明け、夫の車で帰宅途中だった内科医の半谷京子さん(43)だった。さっそく人工呼吸、心臓マッサージを開始。すると、5分後に呼吸、脈が回復した。

孫は3年前に人命救助

   ユキさんは到着した救急車で病院に運ばれ、順調に回復して自力で歩けるようになった。「まだ長生きしそうです」と笑顔で話す。佐藤裕子さんは「とにかく先生に感謝しています」

情けは人の為ならず

   半谷さんは普段は病院で朝食をとるが、たまたま外で食べようと店をさがしているところだった。停車中の車の後部のドアが開いていたので、おかしいと思って中をのぞき異常に気がついたという。

   コメンテーターの香山リカ(精神科医)は同じ医師の立場から、「最近はかかわりになるのが面倒と見て見ぬふりをする医師もいると聞きますが、反射的にこういう行動をとった半谷先生はすごい」と感心。マッサージについては、「誰でもできますが、軽くではなく、全身の力を入れてやるくらいがいい」とアドバイスする。

   この救出劇、もう一つの偶然があった。助かったユキさんの孫でプロボクサーの佐藤幸治さん(30)は、2008年2月に池に転落した男の子の命を心臓マッサージで救ったことがある。新聞にも載った。その功徳が巡りめぐっておばあさんに返ってきたというわけだ。佐藤さんは「いいことをすれば、いいことが返ってくる。感謝という言葉を強く思いますね」と語っていた。

「情けは人の為ならず」

   東大教授、ロバート・キャンベルが日本の古いことわざを口にした。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中