「菅さんでも誰でもいいから生活戻してくれ」被災地4か月たって瓦礫の中

印刷

   大震災から4か月目の11日(2011年7月)、司会の小倉智昭が釜石にいた。箱崎地区の箱崎小学校跡には、全国から贈られた鯉のぼり300匹が泳いでいたが、小倉は「4か月前と変わらない。復興が進んでいない」と嘆く。

   箱崎は230世帯625人の集落だったが、71人が亡くなり、20人が依然不明。元の住人の2割くらいしか戻っていない。がれきは一部で6メートルの山になっているが、撤去率は26%と県内でもっとも低い。

仮設住宅できても道路がない

   「現地にいる方が、東京の政治空白がよく見える」と小倉はいう。

変わっていない
「地元の人は、東京の政治なんてこれまでは見えなかったのが、今は全部見えちゃう。復興が進まないからだ、といっていた」

   小倉はきのうは釜石市の中心にいた。がれきは片付いているものの、商店で開いているのはコンビにが1軒だけ。一歩裏通りに入ると、がれきもそのままだ。

   10メートルの堤防を波が乗り越えた両石地区、12メートルが破れた唐丹町本郷地区。ともに高台への移転を思い描いているが、土地が足らない。地元は「土を盛っても、5年、10年かかるでしょう。県が動かないと市も動けない。県は国が…」という。

   箱崎に80棟できた仮設住宅には3日前ようやく水道が通ったが、まだ入居者はいない。釜石へ通ずる道路2本が切れたままだからだ。

「今はいいが、冬は波が5、6メートルになるから、あのままでは通れなくなる。冬が越せない」

   旅館「宝来館」はようやく再開したが、女将の岩崎昭子さんは「市道なので、国道と違ってすぐはやってくれない」という。この辺りはいい海水浴場だったが、地盤沈下で砂浜が消えてしまった。

「ライフラインは国がやってくれないと」

国の予算が決まらないと…

   小倉「なぜか復興が進まない。なぜだと思いますか」

   笠井信輔アナ「予算が決まらないと何も動かないということですか」

   ピーコ(タレント)「6月のはじめに箱崎へ行ったが、その時と変わってない」

   夏野剛(NTTドコモ元執行役員)「自治体単位で早く予算をつけないといけませんよ」

   小倉「松本前大臣は地元がやる気にならないとダメといっていたが、地元はやる気になってますよ。ここで何日か泊まり込んで国会開いてくれって、それが地元の声。こちらでは菅さんやめろなんてあまりいわない。誰でもいいから、元の生活を戻してくれと。東北人は我慢強いけど、堪忍袋の緒が切れたという感じです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中