「原発安全神話のウソ、反省しても仕方ない」自民党開き直り

印刷

   ようやく出された原発の安全性に対する統一見解は、手順だけで中身は空っぽ、これから詰めるという。目を覆いたくなる菅政権の混乱ぶりだが、そもそも国策として原発を推進してきた自民党政権時代から、実効性のある安全確認などされてきたのか疑わしい。そんな疑念を強くする読売新聞(2011年7月12日付朝刊)の記事を「朝ズバッ!」が取り上げた。

細田博之元官房長官「今の政権追及」

   読売新聞によると、自民党総合エネルギー政策特命委員会が11日に開かれ、過去のエネルギー政策を検証する意見聴取が行われた。その中で、石井みどり参議院議員が「100%安全でないのに(安全)神話をつくってきた」と過去の党の政策を批判。これにエネルギー政策を主導してきた細田博之元官房長官は、「甘かったこともたくさんあるが、反省しても仕方がない。今の政権にも追及すべきことはかなりある」と反論したという。

反省から始まる

   TBS解説室長・杉尾秀哉は「『反省してもしょうがない』という言い方はない。反省から始まるんでしょうに」と呆れる。

   菅首相による「脱原発」を争点にした解散が噂されているが、各メディアが行った直近の世論調査では、当然ながら菅政権の支持率が急落した。解散・総選挙になれば自民党が優位に立ちそうだが、自民党が反省しないとなるといったい日本の将来はどうなる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中