猿がAK47乱射!凝ってる「猿の惑星」最新作の宣伝動画

印刷

   ところは西アフリカ。キャンプ地の兵士数人が1匹の猿をからかって遊んでいる。兵士の持っている銃(AK-47)を戯れに手渡したところ、猿が銃をぶっ放した――。こんな動画が動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で大人気となり、再生回数は800万回を超えた。

人間は本当に賢いのか

   よくできた動画だが、これは近々全米で公開される「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のバイラル宣伝動画である。ちなみに猿の惑星といえばSF映画の名作として有名だが、今回の「創生記」はその前日譚にあたるストーリーだという。

   動画をよく見れば、フッテージの撮影者(研究者?)が「創生記」の監督と同じ名前であり、フィルムを「秘蔵」しているのが「20世紀FOX研究書庫」(20世紀FOXは「猿の惑星」の配給会社)であるなど、バイラルであることのヒントは豊富にちりばめられている。

   また映像の内容自体、「人間は本当に猿より賢いのか?」という「猿の惑星」の基本コンセプトに沿ったものである点でも、なかなかうなづけ、うならされるフェアなバイラル動画と言えるだろう。

   これで宣伝効果も大成功――といきたいところだが、オフィシャル・トレイラーhttp://www.youtube.com/watch?v=EbCoDf44oCEのほうは、バイラルを下回る730万回再生(7月19日時点)にとどまっている。なお映画の主演はジェームズ・フランコ。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中