佐々木監督の人心掌握巧み!ピッチ立てなかった選手に気配り

印刷

   なでしこジャパンが19日朝(2011年7月)、成田空港に凱旋帰国した。キャプテンの澤穂希は「ドイツでは優勝の実感がなかったが、成田に着いて報道陣やたくさんのファンが来てくれていて、優勝したんだと実感が湧いてきた」と話した。

   6月21日にW杯へ出発した際にやってきた報道陣は十数人、見送りのファンはほとんどなし。それが19日は報道陣が成田開港以来最多の260人、前夜からホテルに泊まったというファンを含め400人以上が出迎えた。

   出と入りのこのギャップを広げたのは、強豪相手に一致団結し最後まで諦めないで成し遂げた快挙だ。

守護神・海堀の陰に2人のGK

   なでしこジャパンは優勝報告のために首相官邸を訪れたが、佐々木則夫監督に菅首相も「今から勉強して間に合うかどうか分かりませんが、うまくまとめるというところを、ぜひ学びたいと思います」と言わざるを得なかった。

   このあとの記者会見で、チームをまとめる秘訣の一端が明らかになった。「監督をすごいと思ったところは」と聞かれた守護人・海堀あゆみは、「PKの前の緊張するところで、リラックスさせてくれたところはすごい。とても心強かった」と話す。

   これに佐々木監督が口をはさんだ。

「海堀をピッチに立たせるために、山郷のぞみ(36)と福元美穂(27)がビデオを見て一緒に研究し、海堀をサポートした力はすごい。海堀はボクから学んだことは一つもない。それをはっきり言え。そうだろう」

   一瞬戸惑った海堀は言ったのは、「自分が本当に戦えたのは山郷さんと福ちゃんの支えがあったんで。いつも3人で戦っているつもりで戦っていました」

   これには場内に爆笑が走った。ピッチには立てなかったが、優勝へ導いた陰の功労者を気遣う監督の人心掌握術なのだろう。

9月からロンドン五輪アジア最終予選

   18歳から36歳までのなでしこジャパンの21人。次の目標はロンドン五輪の金メダルという。そのアジア最終予選が9月1日から始まる。

   元なでしこジャパンのストライカー、大竹七未は「総力戦になると思うが、チームはできているので、(五輪出場枠)2位以内の結果を必ず取ってくれると思う」と断言する。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中